2017年9月のまとめ

 

MF文庫J夏の学園祭2017(2017.9.10)

 

ベルサール秋葉原にて開催された『MF文庫J夏の学園祭2017』に参加。MF文庫関連のキャラクターグッズ物販があったりイラスト展示なども行われていた。ステージイベントとして久保ユリカさんがメインパーソナリティを務める『ようこそ実力至上主義の教室へ』のラジオ公開収録が行われていたのでそれ目当てでの参加でした。

ラジオをちゃんと聴いていないのにこういうのだけ行くのもどうなのかとは思いつつも、楽しい時間だった。久保さんはMCとしてうまく回しながらも随所で笑いも取っていて、一人しゃべりで胃が痛い時代はもう終わったのだなと改めて実感した。

関係ないけどBAYCAMPというオールナイト野外フェス明けで参加していたのと、この日に秋葉原で変なおじさんに絡まれたため記憶の混濁がある。

 

 

ようこそ実力至上主義の教室へ』最終話先行上映会&WEBラジオ公録(2017.9.27)

 

よう実の最終回上映と、ラジオ公開録音を一緒にやっちゃおうというイベントに参加。

最近はこの手のアニメ先行上映イベントが本当に多い。最速で大きなスクリーンで見られたりキャストの感想を聞ける利点がある一方、先行上映なのでTwitterにネタバレは書けないし、かと言って放送直後を見計らって感想を書くのも変だなとなって毎度もやもやすることになる。

最終回のラストシーンでは主人公の醒め切った本音のモノローグでエンディングへ、強烈な後味を残して終わった。久保さんは「ドン引きした」と言っていた。俺もまあまあ引いた。でも人間の「見せたくない」裏側の部分を描いていて挑戦的で良い作品だったと思う。

 

 

少女終末旅行』先行上映会(2017.9.30)

www.instagram.com

 

少女終末旅行の先行上映会に参加。スクリーンで見た第一話は本当に感激した。美術の素晴らしさと切ない空気感のマリアージュが完璧である。そんな世界を旅する二人が飾らず自然体なのが抜群に良く、これはキャスト二人の演技を褒め称えるべきだろう。原作が人気タイトルなのでオーディションの倍率も高かったと思うが、さすがは勝ち残った実力者である。久保さんおめでとうございます。

そんな訳で上映後のキャストトークには水瀬いのりさんと久保ユリカさんの二人が登壇した。作中の登場人物が非常に少なく、アフレコも殆ど二人だけで進むそう。その過程で二人はかなり仲良しになったようだった。というかもはやラブラブだった。

アフレコの後は毎回二人で食事に行くというエピソードが印象的。久保さんはアフレコが終わるとさっさと帰ってしまうタイプの人だと聞いていたので、水瀬さんには相当心を開いているんだと思う。性格や雰囲気も近しいものがあり、仲良くなったのも頷ける。人間があんまり好きではなさそうなところが似ている。

二人とも作品への愛が深いようで、作品の世界観にどっぷり浸かっている様子だった。まだアフレコの回数は残っているが既に終わってしまうときのことを考えて憂鬱になるという話も。なんというか100点満点の人選だと思う。

 

 

覆面系ノイズスペシャルライブ(2017.9.30)

 

 

覆面系ノイズスペシャルライブに参加。アニメは楽しく見ていたが、早見沙織さん見たさに参加した部分が大きく、原作ファンの人に怒られそうな消費の仕方になってしまったのは反省。でもずっと見たかった早見沙織さんのパフォーマンスを最高の形で見ることが出来て本当に良かった。

↑は完全に勢いで書いた記事。 

 

『覆面系ノイズ』スペシャルライブに参加した話

 

 

春クールでアニメを放送していた『覆面系ノイズ』のスペシャルライブに参加。2017.9.30に渋谷 WWWXで開催された。原作未読でありアニメしか見ていない手前、少し腰が引けていたが、本当に参加してよかったと思えるライブだった。

主演キャラクターであり作中のバンドのメインボーカルを努めるニノを演じるのが早見沙織さん。いつか生で歌声を聞きたいとずっと思っていた方だったので、この機会を与えてくれた神に感謝したい。思えば早見さんとの出会いは俺がまだ高校生だった頃、ラブプラスのマナカのボイスであり、死ぬほど感慨深いものがある(彼女にしていたのはリンコだったがそれはさて置く)。

男性キャストの出演は無いが、会場は半数近くが若い女性客だった。少女マンガである原作の人気の根強さを感じさせる。ニノが作中で扮しているアリスのコスプレをしている方もちらほらといた。写真撮りたかったけど捕まりたくなかったのでやめた。ライブハウスでのオルスタだったが、女性が多いため遮蔽物が少ない格好になりステージが見やすかったのが良かった。

開演後最初にステージに登場したのは深桜役の高垣彩陽さんで、SILENT BLACK KITTYの楽曲を2曲披露。その次に登場した早見沙織さんは、覆面系ノイズ第1話で俺の度肝を抜いたことで知られるin NO hurry to shout;の『スパイラル』を1曲目で披露。

作中における『スパイラル』は、ニノの感情が昂ぶって制御不能になりながら歌った楽曲であり、狂気や暴走といったコンテクストがふんだんに乗っかっている。これを早見さんはニノが憑依したかの如く歌い上げていた。放送終了から随分日が空いていたはずだがブランクのようなものは感じなかった。

鋭い眼光を携えながら、髪を振り乱してがなり立てるように歌う彼女の姿には本当に圧倒されたし、大げさかもしれないが畏怖の念すら覚えた。その鬼気迫る迫力と、最高のパフォーマンスに立ち会えている興奮と、ずっと会いたかった人に会えた感激とでお気持ちが天皇に即位してしまい涙が出そうだった。殺気というと言葉は悪いが、スイッチが入っていて触れてはならないようなオーラが立ち込めていた。声優の恐ろしさを思い知らされた格好である。

そんな早見さんだが、間奏ではふっと表情を緩めて客席に笑いかけていた。反則である。ドラゴンボールの映画でブロリーが強すぎてトランクス(幼少期)が「反則……だよな……」と言いながら倒れるシーンがあったがまさにそんな感じである。一発レッドで退場である。むしろ俺が代わりに退場する。そんな訳で退場してしまったので『スパイラル』以降のことはわかりません。

後日友達に聞いた話によると、後半は早見さんの刺々しいオーラも薄れて、お茶目に物販情報をお届けしたりもしていたらしい。後半に披露された『ノイズ』ではギターの人と一緒に楽しげにくるくる回っていたようだ。ちなみにギターの人の速弾きがめちゃくちゃ格好良かった。あと静かに聴かせるタイプの『サテライト』で客席がずっとクラップしてたのだけは見過ごせなかったらしいです。あと最後にニノと深桜のコンビでのハイスクールが披露されて最高だったとのことでした。

 

 

 

■参照・関連ページ

 

SPECIAL -TVアニメ『覆面系ノイズ』公式サイト-

12/6に待望のアルバムの発売が決定!! -TVアニメ『覆面系ノイズ』公式サイト-

 

ラブプラス

ラブプラス

 
DRAGON BALL THE MOVIES #10 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない [DVD]

DRAGON BALL THE MOVIES #10 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない [DVD]

 

 

2017年8月のまとめ

久保ユリカ SHiKACO PARK会員証・パスケースお渡し会(2017.8.8)



久保ユリカさんのファンクラブが発足して最初のファンクラブイベント。ファンクラブ会員証のお渡し会という内容。築地市場近くの会場にて開催。

お渡し会開始前に短いがトークがあり、そこで次回のファンクラブイベントの詳細が発表された。なんとサンリオピューロランドとのコラボイベント。しかもクリスマスイブである。

「みんなどうせ来れるでしょ?」という挑発に反駁出来ないのが悲しいところだが、良くも悪くも間違いなく記憶に残るイベントになりそうなので是非行きたいところ。他の会員のファンクラブ会員番号を見るに相当な数の会員がいるようなので、倍率的な意味で厳しい戦いになることが予想されるが、運に味方していただくしかない。

お渡し会では「いつもありがとう」と迎えてくれたため、毎度のことながら会話プランが崩壊してしまった。ちょうど会場BGMで「いつもおおおきにまいどあり!」が流れていたのも知能指数低下を引き起こしたかもしれない。

 

 

コミックマーケット92 ナナシスお渡し会(2017.8.12~8.13)

 
コミックマーケットでTokyo 7th sistersのブースが出展され、それに連動する形でグッズ購入者向けのお渡し会が行われた。

開始時間が近づくとブースの側で参加希望者の列形成が行われ、同時に物販レジが特別仕様になる。開始時間後は順番にブースに入っていき、レジでグッズを購入すると、ナナシスのキャストが商品を手渡ししてくれるという内容。

1日目は前田・川崎・野村・広瀬の4人で、前田・川崎ペアが商品を、野村・広瀬ペアがフライヤーを手渡ししてくれる。2日目は篠田・高井・中村・桑原の4人で、篠田・高井ペアが商品を、中村・桑原ペアがフライヤーを手渡ししてくれるという内訳。(敬称略)

皆さん素敵だったが一番記憶に残っているのは篠田みなみさん。想像よりも身長が2周りくらい小さかった。ダンスの動きが大きいのでライブでは小柄な印象がなかったのかも知れない。春日部ハルそのままの雰囲気で、ほんわかながらも凄まじいオーラを放っていた。

 

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!(2017.8.13)

 

シンデレラガールズ5thライブの千秋楽公演のLVに参加。3rdライブのLVで人生で初めてサイリウムを持ったことが思い起こされる。当時は若手声優と言われるような人たちのことは何もわかっておらず、キャラと名前と顔が全く一致していなかったものである。

ライブ中は津田美波さんの満開スマイルが決まって死亡。飯田友子さんの赤ちゃんを妊娠してしまい"つわり"に苦しむ。

ゲームもラジオも熱心に追っていないので見納めくらいの気持ちでの参加だったが、そんな自分でもワクワク出来る楽しさの詰まったキラキラしたステージですごく良かった。

 

 

 

ライブレボルト 0th Live「ライブレボルト THE ORIGIN」(2017.8.19)


 別記事作成済み。良かったけどちょっとモヤモヤした話。でも良かった。

 

 

 

 Tokyo 7th Sisters -EPISODE.The QUEEN of PURPLE-/古瀬風

 

別記事作成済み。通称エピソードQoP。

 

 

 777☆SISTERS『スタートライン / STAY☆GOLD』(from Tokyo 7th シスターズ)

 

ナナシスより777☆SISTERSの新曲が発売。「誰かの背中を押す」というコンセプトを体現したような、力強くも優しい音楽。歌詞をじっくり聴くと泣けてくる。

スタートラインというかナナシスに関するオタク長文を10月後半くらいからちびちびと執筆中。