花澤香菜『Opportunity』が史上最高という話

 

Opportunity(初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)

Opportunity(初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)

 
Opportunity

Opportunity

 

 

4ヶ月前に発売になったCDの話になってはしまうけど、花澤香菜さんの4枚目のアルバム『Opportunity』がめちゃくちゃ良い。

 

前作の『Blue Avenue』がニューヨークを意識したUSサウンドなアルバムだったのに対して、今作はロンドンをイメージしたUKサウンドでお届けされているらしい。正直言うと音楽に明るくないのでUSサウンドとかUKサウンドと言われてもあまりピンと来ない。Linkin ParkOasisみたいな感じか?

UKサウンドと打ち出されている以上はUKサウンドなのであり、UKサウンドがピンと来ていない人間の言論は本来封殺されているのですが、まあ良いものは良いのだからわからないものはわからないなりに書いていくしかない。先日行われたアルバム名を冠してのライブツアーに参加したので、その辺も少し思い出しながら。

 

花澤香菜『Opportunity』 楽曲リスト

 

1. スウィンギング・ガール
2. あたらしいうた
3. FRIENDS FOREVER
4. 星結ぶとき
5. 滞空時間
6. カレイドスコープ
7. 透明な女の子
8. Marmalade Jam
9. Opportunity
10. ざらざら
11. 雲に歌えば
12. FLOWER MARKET
13. brilliant
14. Seasons always change
15. Blue Water

 

爽やかなんだけど決して軽くはない、聴きやすいのに聴き応えのあるナンバーが揃っている。全体的にバンド色が強く、ベースとドラムの音が心地良い。特にスネアドラムは非常に光っている。ウィスパーボイスと評される花澤さんの透き通った歌声を支える、骨のあるしっかりとした音が全楽曲に敷かれている。

重すぎず軽すぎない、飽きの来ない洗練されたサウンド。適度な脱力感を備えたボーカル。アルバム全体で見たときの統一感というかまとまりも完璧で、何度でも繰り返し聴きたくなる魅力がある。

 

馴染みやすい楽曲群のなかで、2と6は少しアップテンポなナンバー。

『6. カレイドスコープ』はベースとドラムが作る力強いリズムと疾走感がたまらないのに加えて、随所に登場するブラスバンドが良い味を出している。ライブツアーで披露された際にはアウトロが最高のバンドアレンジになっていて、小節の区切りが来るたびにあと1小節だけ延長してくれという気分になった。

『2. あたらしいうた』はこの中だと最もアニソン風かもしれない。サビで強く声を張っているのはこの曲くらいだろうか。もしUOを焚くとしたらこの曲しかない気がする。シングルということもあって、他のアルバム曲群と比べると少しテイストが異なる印象。

『8. Marmalade Jam』は菅野ようこが作ってそうなジャジーな1曲。インスト群の魅力が前面に出ていて素晴らしい。アルバムの中では少し異質なビターな雰囲気を纏っている。

『11. 雲に歌えば』はリズミカルで可愛らしい楽曲。「トゥットゥル」やコーラス、印象的なブレスなど遊び心に富んだ素晴らしいポップソング。サビ部分には簡単な振りつけがついていて、ライブに参加した際は会場と一体になって踊った。家で聴いてるときもたまに踊ってしまう。

 

個人的に特にヤバいと思うのが5、10、15の3曲。

『5. 滞空時間』は最初聴いたときは「アルバムの真ん中あたりに入ってそうな曲」みたいな印象しかなかったんですが、ポップで軽快かつ独特なリズム感が癖になる中毒性の高い楽曲。印象に残るのはスネアのリズムとシンセサイザーで、激しく聴かせるような楽曲ではないが、これがライブだと化けに化ける。バンドサウンドにサックスとトランペットも加わって贅沢すぎる至福の音だった。

『15. Blue Water』は曲名の通り水の流れを思わせるヒーリングミュージック的な序盤から一転、途中からなんとEDMに変貌する。「ヒーリング→ダンスミュージック」という激ヤバムーブである。終盤の盛り上がり、音の濁流は大音量で聴くと本当に恍惚とする。これもライブでのバンドアレンジが素晴らしくて最高だった。ライブで一番身体が熱くなったのはこの曲。

『10. ざらざら』はシングルとして発表された曲で、これがとにかく一番ヤバい。

ストリングスに彩られた切ないメロディに乗せられるのは、くすぶったやり切れない感傷を綴った、毒々しく生々しい、胸が締め付けられるような歌詞。「切なくなれば切なくなるだけ 悔しいけど生きてるって思う」という歌詞にも象徴される、痛みがリアルな生を思い起こさせる感覚がそこにはある。

これをバラードとして成立させてしまうのが花澤香菜のスゴさである。フラットすぎても感傷的過ぎてもおそらく何かがズレてしまう、絶妙で危ういバランスの上にこの曲は成り立っている。数多のキャラクターを演じてきた花澤さんの表現力が存分に発揮された屈指の名曲だと思う。声の質という観点からも、トップ声優にしか歌えない楽曲である。女性声優アーティストの音楽は素晴らしい。

 

女性声優アーティストでポップス路線というと自分の中では坂本真綾さんや牧野由依さんが頭に浮かぶ。この分野では坂本真綾『Lucy』と牧野由依『マキノユイ。』が私的レジェンドアルバムであったが、花澤香菜『Opportunity』は間違いなくここに入ってくる。どうでもいい私的ベストを勝手に語り出すオタクになってしまい申し訳ないが、とにかく人生レベルで良かったということが伝えたかった。

 

と、そんな訳で素晴らしいアルバムなのでした。ソロ声優のアルバムの中でも最高峰の完成度だと思う。ライブは千秋楽の市川公演のみの参加だったけど、別の公演も行けばよかったと後悔した。このアルバムで生バンドのホールコンサートは良さがカンストする。

 

 

 

 

Blue Avenue

Blue Avenue

 

 

Lucy(ルーシー)

Lucy(ルーシー)

 

坂本真綾さんの最強に良いアルバム。当時20歳とは思えない完成度。菅野よう子との最強タッグ。)

 

マキノユイ。

マキノユイ。

 

 (牧野由依さんの最強に良いアルバム。少しアニソン寄りな曲も。)

 

 

 

ライブレボルトが革命を起こすかもしれない

 

アイドル声優を起用したいわゆる2.5次元ライブなコンテンツがここ最近は特に熱く、これを無くしてオタクシーンを語ることは出来ないみたいなところにまで来ていると思います。ラブライブアイドルマスターといった人気コンテンツがムーブを作って、今だとバンドリとかナナシスとかWUGとかその辺りも人気が高い。

そんな2.5次元ライブ戦国時代に殴り込みをかけていく新興勢力は数多く存在している(アプリゲーム発ならマジで大量にある)が、そんな中でも一際異彩を放つ革命児がいる。「ライブレボルト」である。

 

 

ライブレボルトとは

(ヤバいくらいに優勝してるキービジュアル)

 

「ライブに革命を。」ライブレボルトは、漫画、イラスト、楽曲、そしてライブ──様々なコンテンツへの多方向メディアミックスを行うエンターテイメント作品です。

 

公式HP(https://liverevolt.jp/)より引用

 

メディアミックスによる多方面展開をしていくという点に関しては、特段珍しい要素は無い。しかしながら「ライブに革命を。」とあるように、ライブへのこだわりが凄まじく、またそのスタンスも特殊で、この部分が他のコンテンツとライブレボルトを大きく差別化する個性であるように思います。このあたりに関してはちょっと後で書きます。

ライブレボルトの舞台は、データ配信が進み、音楽は無料で聴けるのが当たり前になった世界。"生きた"音楽を届ける体感型ライブの人気が高まっており、それに伴ってアーティストが人気の職業となっている。そんな状況下で、ライブアーティスト養成学校に通う女子生徒たちが本作の主人公となっている。

主要キャストは8人で、2人1組のデュオユニットが4つあるようです。

 

既発表曲2曲は烏屋茶房とヒゲドライバー作曲

ライブレボルトの楽曲で世に出ているのは2曲。いずれもまだフルバージョンは頒布されておらず、90秒verとなっている。

テーマソングとも言うべき「REVOLUTIA」は烏屋茶房氏が作曲。知らなかったけど調べたらアイマスの曲を書いているようでした。

もう1曲は「Daring Soldiers」で、こちらはヒゲドライバー氏が作曲。ナナシスを追ってる身としてはここで反応して手を出したところがあります。ナナシス声優がTwitterライブレボルトの名前を出していたというのも一つ。女性声優はフォローしたほうがいい。

2曲とも疾走感溢れるアッパーチューンであり、とてもライブ映えしそうである。特に「Daring Soldiers」は振り付けがついたらめちゃくちゃ格好良さそう。

楽曲に関しては後述するフリーペーパー付属のCDに収録されていたほか、音楽配信サイトのmora(下記リンク)でも会員登録をすれば無料でダウンロード出来るようになっているようだ。しかもハイレゾ

 

音楽ダウンロード・音楽配信サイト mora ~WALKMAN®公式ミュージックストア~

 

 

キャストに関しては正直なところ何も知らないんですが、楽曲を聴く限りだとそれぞれ声に個性があるのと歌唱力も高くて、立ち上げ直後とは思えない安定感がある。みなさん声優の仕事をしているのか、アイドル的な立ち位置の人なのか…この辺りはイベント等に足を運ばないとどうも入ってこなかったりする。

そう、実は自分はライブレボルトのイベント等に参加したことがありません。これを書いている時点でも、これまでに何度かミニライブ的なイベントが行われていたらしいですが…。参加していないのにこんな記事でフィーチャーしている時点でかなりのエアプですが、面白そうなものは面白そうだと言いたいのが性。

 

 

 

 

イエッタイガー推奨! ライブへのこだわり

f:id:kuroroblog:20170619235727j:plain

 

ライブレボルトのプロジェクト自体がお披露目となったのはニコニコ超会議の場だったようで、そこでテーマソングCD付きのフリーペーパー(上の写真)(60Pもある)が配布されたらしい。ちなみに自分は先月メルカリで700円くらいで買いました。

世界観やキャラクターの紹介に加え、漫画やイラストもあって非常に充実した内容となっている。しかしながら一番印象的だったのは総監督:瀬島ハルキ氏によるコメントのページ。ワクワクするような野心的なコメントが書いてあります(無料配布してたんだし写真貼ってもいいかなと思ったけど怒られそうなので辞めます)。

例えば、ガンガンノリたいのにライブに行くと必ず混ざっている『バラード』。例えば、熱血風アニメでもどこかに入ってくる『茶番回』。

ライブレボルトでは、そうしたものを取っ払って、濃度100%のものを作っていくと宣言している。熱い。ライブレボルトがヤバそうだと思ったのはそのコメントを読んだからだったりします。

 

そして、ライブレボルトを語る上で触れなくてはならないのが「家虎推奨」という衝撃的なスタンス。5月に行われた制作発表会で、スタッフが公式にイエッタイガーやMIX等の激しいコールを推奨したというのである。

SNS上ではコールやイエッタイガー論争が尽きず、またつい先日にはアニサマでのコール禁止が発表されるなど、周りに配慮した節度ある鑑賞が特に強く求められ始めている(前からそうではあるが)。当然それは必要なことだけど、あまり気にしすぎるとそれはそれで堅苦しいようにも思える。

偶然か必然か、ライブレボルトのコンセプトはそれの真逆を行っている。まさに反乱であり革命である。

 

 

総監督、 瀬島ハルキ氏によるツイート。哲学かよ。感情が高まったときにはどうしたって声が出るし、身体だって躍動する。ジャージャーも推しジャンプもイエッタイガーも目的ではなく手段である。ビクビクしながら遠慮がちで中途半端なイエッタイガーをする厳しいオタクをたまに見かけるが、それはイエッタイガーの形をした何かであってイエッタイガーではない。(自分はイエッタイガーやったことありません)

手段を奪うことをせず、観客が感情をむき出しに出来るライブをライブレボルトは目指しているように思うし、ライブとは本来そういうものであるようにも感じる。キャストと観客で活気着いた会場で躍動するのと、アニクラでDJの曲に合わせて踊るのはまたベクトルが違う。

繰り返しになるがそれは、意図したか否かにせよ、ここ最近の自粛的ムードに対する真っ向からのカウンターとなっている。ライブレボルトが発となって、アニソンライブシーンに何かしら新しい風が吹くんじゃないかという期待がある。

けが人が出てしまうと色々と大変そうなので、そういうトラブルだけは避けられるよう対策をして欲しい。

 

 

7月1日、2日リアニ参戦、8月には0thライブが開催

前述したけど、ここまで書いておいて、実はライブレボルトのライブにもイベントにも一度も行った事がなかったりします。ニコニコチャンネルに入会すると配信等の限定コンテンツも楽しめるようだが、まだそこにも至っていない。

やっぱりライブが主軸であるため、近い日程で行われるライブに参加できればと画策中。7月1日、2日にはリアニという野外アニソンDJなイベントに参戦するらしい。春菜るなやORESAMAの名前もあったので予定が合えば参加したいところ。興味ある人は行こうな。

また、8月19日には0thライブが開催予定。6月24日からチケットの一般発売が開始されるようなので、これも後悔しないうちに取っておきたいところです。

 

Re:animation オフィシャルサイト

 

 

そんな訳で、面白いワクワクするものが出てきたなという話です。軌道に乗らないコンテンツも山ほどある訳で、ライブレボルトもこれからというタイミングではあると思いますが、贔屓して見ていっても良いのかなと思います。

でもまずはとりあえず生で触れるところから。実際に空気を感じれば良くも悪くも印象だって変わるはず。参加して感じるものがあればまた何かしら書きたいと思います。

 

 

 

REVOLUTIA/Daring Soldiers

REVOLUTIA/Daring Soldiers

 

 

 

 

 

2017年1~5月の振り返り

シャドウバースという最悪に面白いゲームに余暇を吸われてブログの更新が二の次になってました。多分シャドウバースを引退することに成功したのでまたブログというか文章を書くことへの意識を上げていきたいところです。

去年は辛うじて意識的に毎月継続出来ていた月間まとめ的な試みが今年は全く出来ていないので今月(6月)分から再開したい。ただそうなると1月から5月のことが完全に空いてしまって気持ち悪いのでその期間をざっくり振り返るというのがこの記事です。

基本的に声優イベントのことばかり。 

 

 

 1月

 

久保ユリカ 台湾ミーティングイベント(2017.1.12) 

 

■「t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5-」(2017.1.15)

 

 

あまんちゅ!ファン感謝祭~楽しいは無限大!~ (2017.1.22)

  

 

声優を追いかけてとうとう海を越えてしまったそんな月。何度か書いてることですが旅行のきっかけになるので、腰が重いインドア野郎からすると助かる面もあるんですね。イベントがあるからという理由でオタク仲間とも集まれるし。

ナナシス2.5については個別で記事を書きました。

台湾から帰国してからも、ナナシスは大阪で、あまんちゅは横須賀での開催だったので結構ハードだった。

 

2月

 

ラブライブサンシャイン!1stライブ(ライブビューイング)

 

 ■「うらら迷路帖」OPテーマ『夢路らびりんす』発売記念イベント(2017.2.26)

 

■『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』 /枯野瑛

 

 

サンシャインのライブが完成度が高くて、規模的にも1stとは思えない内容でした。プレッシャーも半端なかったはずだけどそれを跳ね除けてみせたところに感動した。

すかすかは2~3月で一気読み。記事を作ってあります。絶賛アニメ放送中。

2月は仕事が忙しかった記憶のほうが強いかもしれない。

 

3月

 

■『サクラダリセット』先行上映会(2017.3.7)

 

 ■くらよしありがとう祭♪ ひなビタ♪声優&TOMOSUKEトークショー(2017.3.12)

Home Sweet Home

Home Sweet Home

 

  

■AnimeJapan2017(2017.3.25、3.26)

■AJ Night 2017(2017.3.25)

 

■『BEATLESS』/長谷敏司

BEATLESS

BEATLESS

 

 

 

2度目の倉吉遠征を果たした3月。ひなビタイベントではトークショーとミニライブも開催。

普段はイベントの構成がどうだとかライブの音質がどうだとか何かと批評染みたことを言いたくなるんですが、このイベントに関してはそういう次元じゃなかった。あの場所に1,000人以上が集まったこと、商店街が賑わったこと、もう物差しで測れるものではなない。本当に最高の空間が全員の力で作り出されていたと思う。

コンテンツという表現もどこか似合わない気はするけど、そういったものが持つ力を思い知った次第。

サクラダリセットイリヤの空と並んで一番好きなライトノベルなのでアニメも贔屓しています。

 

4月

 

■さくらフェス2017~カードキャプターさくらお誕生日会~昼公演(2017.4.1)

 

 ■日向美ビタースイーツ♪「Home Sweet Home」&ここなつ「バイナリスター」同時発売記念イベント(2017.4.16)

バイナリスター

バイナリスター

 

 

  Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17’→XX -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe(2017.4.22、4.23)

 

 ■Character1 2017(2017.4.30)

 

 

なんと言ってもナナシス。ライブも素晴らしかったけど、ライブ直前に発売された『
t7s Longing for summer Again And Again ~ハルカゼ~』が凄かった。茂木氏に着いていくしかない。ちゃんと記事を作ろうと書いたりしたんだけどライブの感想とごっちゃになってうまく纏まらないまま機を逸した感じ。

あとはCCさくらのイベントに行けたのも木之本桜ちゃんによってオタクの門を叩いた自分としては感動的だった。約20年前の作品の主要キャストが全員集う場にいける日が来るとは。

 

 

 

5月

 

■JAPANJAM(2017.5.4)

 

久保ユリカ すべてが大切な出会い~Meeting with you creates myself(2017.5.10 発売)

久保ユリカ Birthday LIVE(2017.5.14)

久保ユリカ Birthday LIVE(2017.5.14)

 

 ■『何者』/朝井 リョウ

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

  

 

5月は久保ユリカさんの1stアルバムが発売となり、更にアルバムを引っ下げてのライブも行われるなど、久保ファン得な月。中野公演では作曲陣をゲストに迎えての対談や生演奏があったりと、様々な試みがあって充実した内容でした。

久保さんはこのライブをもってアーティスト活動の休止を宣言。アルバムがすごく良かったし、作曲陣との関係も良好に見えただけに残念ではあるけど、声優業に専念したいという強い意志があるようで、変わらず応援していきたいところです。ファンクラブが出来たのでそちらのイベントも楽しみ。

 

 

 

そんな訳でざっくりではあるけど振り返り。本当はもう少し詳細に書ければと思うけどそれはこれから頑張るということで。ブログを意識の拠点に据えていければと思います。