究極の恋愛ゲーム"Doki Doki Literature Club!" 【感想・レビュー】

 

www.youtube.com

『Doki Doki Literature Club!』というゲームをご存知だろうか。略して『DDLC』、日本語で『ドキドキ文芸部』と呼ばれる本作は、アメリカのDan Salvato率いるTeam Salvato(チーム・サルバト)によって開発されたビジュアルノベルゲームだ。Microsoft WindowsMacOSLinux版は2017年9月22日に、その後Steam版が2017年10月6日にリリースされている。

リリース直後からアメリカを中心に海外で爆発的な人気となり、2017年12月には100万ダウンロードを突破。2018年2月には日本語パッチが配布されたことで日本でも大きく広がりを見せたようだ。Steam版のレビューを見てみると、全90,353 件のレビューのうち、好評が87,695件、不評が2,658件と、実に97%のユーザーが好意的な評価をしている。(2018.4.7時点)

僕がこのゲームをプレイしたのは3月の下旬だった。日本でも既に一部で話題になっており、出遅れたなという気持ちはあったのだが、そんなことは些細な問題だと思える衝撃と興奮を与えてくれたのがこの作品だ。この記事は、この『Doki Doki Literature Club!』の感想及びレビュー記事といった類のものである。

 

と、ここで最初の問いに戻ろう。あなたは『Doki Doki Literature Club!』というゲームをご存知だろうか。

何となく聞いたことだけあった、今読んで知ったというのであれば、それは幸運なことだ。このゲームは内容を知らない状態でプレイすることが推奨されるゲームだからである。一方で残念なことに、あなたとはここで一度お別れするべきだろう。この記事ではこれから作品の内容に深く踏み込んでいくことになるからだ。プレイする前にこのゲームの全貌を知ってしまうことは多大な損失になり得る。

ゲームのダウンロードページを貼っておくので、未プレイの方は是非ダウンロードしてプレイしていただきたい。何といってもこのゲームは無料でプレイ出来るのである。あわよくばプレイ後にこのページに戻ってきて続きを読んでいただけると嬉しい。

ちなみに、ゲームの内容を不運にも知ってしまったという方がいても、「実況プレイ動画を全部通して見た」などで無ければ自分の手でプレイする価値は十分にあると思う。最初から最後まで自分の手でプレイすれば、きっと素晴らしい体験を得ることが出来るだろう。

なお、本作はかなり刺激の強い作品になっているため、必ずしも全員にお勧め出来るものではないことも事実だ。ゲーム開始時には警告ページも用意されており、その内容は「不安や鬱病に苦しんでいる方はこのゲームをプレイするべきではないかもしれません」となっている。そんな訳でこの類のゲームが苦手であるという方は無理をなさらず。

 

Doki Doki Literature Club! (公式HP)

Doki Doki Literature Club! on Steam (Steam版)

Doki Doki Literature Club! 非公式日本語訳パッチ(正式版)の当て方:マヨネーーーーーズのブロマガ - ブロマガ (日本語訳パッチ関連ページ)

 

 

f:id:kuroroblog:20180407151432p:plain

 

 

 

続きを読む

久保ユリカさんのディナーショー(SHiKACO PARK ファンミーティング)に参加した話

 

 久保ユリカさんのファンクラブ『SHiKACO PARK』の会員限定ファンミーティングイベントが、2018.2.24に渋谷の東京カルチャーカルチャーで行われた。今回は参加枠が150人という小規模なイベント。SHiKACO PARKの会員数が3億人なので非常に狭き門であった。

自分は幸運なことに参加が叶ったが、抽選で外れてしまった人も多く居ただろう。そんな訳で今回は会場の雰囲気だったりイベントの内容をレポートしていきたい。勿論自身が楽しむことがメインではあるが、何割かは取材に赴くような気分で、写真撮影やイベント内容のメモなどを行った。ディナーショーの詳細が知りたくて辿り着いた人は勿論、参加出来たけどもう一度振り返りたいという方にとっても、何かしら有益な記事に出来れば幸いである。

 

続きを読む

ナナシス 不完全な4Uが手渡す『The Present "4U"』

 

1. メロディーフラッグ
2. Crazy Girl’s Beat
3. ROCKな☆アタシ
4. 青空Emotion
5. パフェ・デ・ラブソング
6. プレゼント・フォー・ユー
7. カリフォルニア・ガールズ (ドラマトラック)

  

11月29日、Tokyo 7th シスターズより、4Uの単独ミニアルバム『The Present "4U" 』が発売された。4Uは、支配人(プレイヤー)が所属するアイドル事務所「ナナスタ」のライバルとして描かれる。佐伯ヒナ、鰐淵エモコ、九条ウメの3人によって構成される3ピース・ガールズ・ロックバンドである。(Tokyo 7th シスターズ - 4U

『The Present "4U" 』は4Uにとって初のミニアルバムとなる。これまでの4Uの発表曲は4曲だったが、このアルバムには新曲6曲が収録されている。メインボーカルであるウメ以外の二人がメインとなって歌う楽曲も入っており、新しい4Uの一面が垣間見えるアルバムだ。

この『The Present "4U" 』の発売後には、池袋サンシャインシティにてトークセッション&特典お渡し会イベントが開催され、私も参加することが叶った。この記事を書くに至ったのは、このイベントで耳にした「とある言葉」がきっかけとなっている。

この記事ではこの発売記念イベントを振り返りつつ、そこから派生した空想交じりの文章を書き散らしている(いつものことであるが)。各楽曲を詳しく取り上げている訳ではなく、また内容も強引な部分があり、アルバムのレビューとしては明らかに落第点であろうが、一つの読み物として楽しんでいただければ幸いである。

  

 

続きを読む