ナナシス『EPISODE.QoP』が描く"band"の姿

 

Tokyo 7th Sisters -EPISODE.The QUEEN of PURPLE-

Tokyo 7th Sisters -EPISODE.The QUEEN of PURPLE-

 

 

band(名詞)の意味・用例

 

1.《音楽》バンド、楽団
2.〔同じ信念を持ち行動を共にする〕一団、一隊
3.〔動物の〕群れ
4.〔文化人類学の〕バンド◆人類が最初に作ったと考えられる、共通の目的を持って行動する小さな集団。

 

https://eow.alc.co.jp/search?q=band

 

ナナシスことTokyo 7th シスターズに登場する4人組バンドユニット、『The QUEEN of PURPLE』の結成から、デビュー曲である『TRIGGER』の制作までを描いた小説。コンプティークで連載されていたものに、書き下ろしエピソードを加えたものになっている。

作者は『episode.Le☆S☆Ca』も執筆していた古瀬風氏。シンプルな描写がストーリーの邪魔をせず非常に読みやすい。4人全員の心理描写が細かく丁寧で、キャラクターを好きになること請け合いの良書である。

 

本作の主人公は瀬戸ファーブである。QoPを立ち上げた張本人であり、QoPのリーダーであり、楽曲の制作も手掛ける。高い理想と信念を持つ一方でどこか不器用な彼女の心理描写や、キャラクター同士のやり取り、その先にある成長は、本作の最大の見どころといっていい。

一方で、本作の裏主人公として堺屋ユメノという存在が挙げられると思っている。QoPという居場所を誰よりも壊したくなかった彼女の心理描写には、原作アプリでは見ることの出来ない繊細さと女の子らしさが垣間見える。そして何より瀬戸ファーブとの関係性である。瀬戸ファーブのペアというと越前ムラサキが浮かぶが、本作を読んでからというもの正妻ポジションには堺屋ユメノが腰を下ろしている。

 

バンドのメンバー集めから始まり、また楽曲制作もバンド自身で行っているという特性から、波乱や衝突といった起伏が多く、ストーリーとして非常に読み応えがある。人間関係に焦点が当たっているため、キャラクターの内面が見えてきて生き生きと動いている感覚になる。

譲れないものを抱えるメンバーだからこそ生半可な衝突は無く、それを正面から書き切っているところに良さがある。もともと萌えや可愛らしさだけを追求したコンテンツではないが、そうしたコンテンツの性格が本作には色濃く出ていると言える。

 「これは偶像アイドルの物語じゃなく人間バンドの物語です」

 この茂木氏の帯コメントはまさに端的にこの作品を説明していると言えるだろう。

 

本作にはQoPのエピソード以外にも番外編として4Uの楽曲制作秘話が収録されている。また、本編においては羽生田ミトやセブンスシスターズついても言及されているため、ナナシス世界を理解する上でも重要な作品になっていると言える。

あと絵がめちゃくちゃ可愛いです。Episode.01「Are You Gonna Be My Rose」の扉絵が特に素晴らしい(ファームラ案件)。各サブタイトルは洋楽タイトルのオマージュっぽいけど不勉強なのでわからず。

QoPを好きになる一冊なので未読の方は是非。4U単独ライブに乱入してほしい。

ライブレボルト 0th Live「ライブレボルト THE ORIGIN」に参加した話

 

U're my precious / Set Fire

U're my precious / Set Fire

 

 

2017.8.19開催の、ライブレボルトの0thライブと銘打たれた「ライブレボルト THE ORIGIN」に参加。場所は横浜O-SITE。昼公演、夜公演とあって夜の参加。ライブレボルトに関しては以前にも記事を作成済である。

ライブレボルトが革命を起こすかもしれない - くろろのたのしいブログ(仮)

 

 

ライブの事前に、ユニット曲8曲の90秒verがSoundCloudにアップロードされたため、それらを聴いて予習していった。

 

 (LiveRevolt0th special 90sec preview by MOtOLOiD / TOKYO LOGIC | Free Listening on SoundCloud

 

気に入ったのはリサイタルズの2曲。カッコイイクール系の曲が並ぶなかでリサイタルズは少し抜けた楽しい感じの楽曲。Rumblueの近未来サウンドも熱い。全曲に共通するのは力強いサウンドとボーカルで、「かっこいい燃えるアニソン」といった仕上がりになっていると思う。

dubstarはエレキギター、Rumblueはシンセサイザー、リサイタルズはブラス、とそれぞれ特色というか得意分野があることが設定資料に書かれていたが、それに忠実な色付けとなっている。FIREVOLTは激しい曲調だがピアノやストリングスなども印象的に取り入れられているように感じる。

 

ライブでは事前に公開されたユニット曲8曲と全体曲2曲に加えて、完全新曲も1曲披露。全体曲の2曲はアンコールで再度披露されたので、曲数は結構な量になっていた。

その中でもRumblueの「アオクナレ」は「フル尺だと化ける」と監督がツイートしていたので気になっていた。実際に披露されたのを聴いてみると、なるほど別の楽曲を繋げ合わせたかのような転調に次ぐ転調が取り入れられており、記憶に残る楽曲だった。ステージ演出も凝っていたと思う。

キャストのダンスや歌は洗練されており、最初のステージとは思えないほど堂々とした振る舞いだった。ライブの最後にはキャストからの挨拶があり、感極まるキャストもいた。吐露される言葉からは、ライブの準備の過酷さと、また辛いときにはキャスト同士支え合って乗り越えてきたことが伝わってきた。

この挨拶を経てから披露された全体曲REVOLUTIAは聞こえ方が変わり、会場の熱も一際高まったように感じた。すごくいいコンテンツが出来上がっているのを感じた。

 

と、ポジティブな内容を書いてはいるが、実際のところ心から楽しめない部分もあった。その直接の原因は、会場の雰囲気である。

事前に厄介歓迎と銘打っていたため、そこに苦言を呈するのはお門違いではある。以前には自身でその辺りをフィーチャーした記事すら書いている。実際、コール周りに関しては想定していたし、自分もアレルギーがある訳ではないので特に不快という訳ではない。

 

では何にモヤモヤしているのかと言えば、「ライブの演出時」における会場の雰囲気である。

2.5次元ライブの良さはやはり2次元と3次元の調和にあると思う。2次元におけるストーリー、歌詞に落とし込まれたコンテクスト、ずっと付き合ってきたキャラクター、それらを背負った状態で3次元のキャストがパフォーマンスをするのが2.5次元ならではの魅力だと思う。

今回のライブではライブ開始に合わせてキャラクターによるナレーションが入り、各ユニット楽曲の前にも同様にキャラクター同士の掛け合いがあってから楽曲に臨むという演出となっていた。脚本は監督が書き下ろした物のようだ。立ち上げから日も浅く、十分なコンテクストがない中でこうした要素は大事になってくると思う。

しかしこうした演出部分における会場の雰囲気はと言うと、ナレーションや語りの一言一言に一部の観客がガヤを入れ(それも、良い内容とは言えなかった)、周囲もそれに反応して笑っている状態だった。演出の脚本に対して真剣に耳を傾ける姿勢は感じられなかった。

全員がそのスタンスでないのは当然だが、目立つ行為の方がどうしても印象に残る。開始早々それだったので、会場の空気に若干の嫌気が差してしまい、どうも乗り切れなかった。

自分はニコニコの有料チャンネル会員になっていないし、漫画版やラジオ等も殆ど目を通せていない。キャストのことも知らない状態だったので、2次元においても3次元においても知識として半端ではあった。ずっと深い部分まで知っているファンも多くいただろう。

その為あれこれ言う資格はないかもしれない。しかし2.5次元ライブなのに2次元の部分を蔑ろにするのは勿体ないし、2.5次元である意味もないんじゃないかと思ってしまう。

ライブの盛り上がりという意味では他に類を見ない熱量だったと思うし、それはキャスト陣にも伝わっていたようだ。しかしその熱量のベクトルが、自分が思っていた方向とは少しだけ異なる方向を向いていた。結局のところこれは単にそれだけの話である。自分の思い通りではなかったというエゴである。

と、ネガティブな内容ばかりになってしまうのが悲しいところだが、実際のところライブ後の心象としてもネガティブなものが先行したのが事実なので偽りなく書いておく。

 

あれこれ書いたものの、ライブの熱気は凄かったし、そのエネルギーは会場の観客によって生み出された部分が大きい。ブログで細かいことを書いている自分よりも声の大きい人たちの方が余程コンテンツを盛り上げていると思うので、そうしたリスペクトは持っているつもりである。自分の気にしすぎというか、勝手な理想を描いていたのが悪いような気もしている。

何だかんだ言って楽曲やライブパフォーマンスは恐ろしく魅力的なので、気持ちが作れたらまた参加したいなと思う次第です。

 2017年7月のまとめ

アイドル事変 2nd.Stage 歌え!愛の公約(2017.7.1)

 

別記事を作成済み。思っていた以上に良かったのでまた次があるといいなと思う。

思うのだが、7月31日をもって原作アプリゲームのサービスが終了してしまった。ライブの雰囲気や仕上がりなど上昇気流に乗っていたように思えたので非常に残念である。

難しいかもしれないが、何かしらの形で展開を続けて欲しい。

 

 

Re animation Ⅹ(2017.7.1~7.2)

 

2日間参加。ライブレボルトのユニットが出演していたほか、ORESAMAや遠藤ゆりかなどフェスっぽい顔ぶれも見ることが出来た。アイドルマスターシンデレラガールズの楽曲等を手がけるTaku Inoue氏の姿も。

 

 

 

Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 福岡公演(2017.7.15)

たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]

たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]

 

 

6月は名古屋公演に参加。セットリストもほとんど変更なしだったが相変わらず最高のライブだった。福岡ということで、広島を経由地として一泊して、翌日に福岡入りするというスケジュールにした。

広島ではアニメ「たまゆら」の舞台である竹原市を訪れた。がっつり聖地巡礼とはいかなかったけど、印象的な場所は見ることが出来たので感激ものでした。


 

 

魔法少女リリカルなのは Reflection (2017.7.22)

魔法少女リリカルなのは Reflection Original Soundtrack

魔法少女リリカルなのは Reflection Original Soundtrack

 

 

劇場版3シリーズめ。2004年のアニメであるし、劇場版に限っても1作目は2009年くらいだったので、息の長いシリーズである。こんな俺も1作目を見た当時は無限の可能性を秘めた高校生で、フェイトちゃんのストラップを買ってニヤニヤしていたものである。

上映時間中ほとんど肉弾戦含めバトルしているので魔法少女とは何なのかを問い直したくなる内容である。こんなに動かしたらそりゃあ4年かかりますわという感じ。敵対勢力にも戦う理由があって……というのが無印やA'sでの構図だったが、今回もその例には漏れない。ただし少しやり方が過ぎるというかもっと穏便なやり方があるんじゃないかと少しモヤモヤする部分もあった。

闇の書から発生させた王とその護衛みたいな3キャラがそれぞれなのは・フェイト・はやてと相対することになるが、なのはさんと戦うキャラクターは田村ゆかりさんが、フェイトさんと戦うキャラクターは水樹奈々さんが、はやてさんと戦うキャラクターは植田佳奈さんが演じていて要するにミラーマッチという構図になっている。声優さんはすごい。

後編が待ち遠しい。

 

 

 

山崎エリイ『全部、君のせいだ』


 半端ながら別記事作成済み。

 

 

 

BLUE GIANT石塚真一

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

 

 

このマンガがすごい!」系のランキングで上位をキープする、ジャズを題材としたマンガ。

「紙から音がする」という触れ込みに反せず、演奏シーンの迫力が凄まじい。主人公である宮前大の、夢に向かってそれだけを見て力強く進んでいく姿勢には心を動かされる。周りの人々が大のそのエネルギーに触れて、畏怖にも似た感情を抱いていく姿が実にリアルである。

三人のセッションシーンが非常に素晴らしかった。現在はドイツ編に突入中。

 

 

in NO hurry to shout;「ノイズ」ほか(from 覆面系ノイズ

【Amazon.co.jp限定】in NO hurry to shout;「ノイズ」(6タイトル連動購入特典:収納BOX引換シリアルコード付)

【Amazon.co.jp限定】in NO hurry to shout;「ノイズ」(6タイトル連動購入特典:収納BOX引換シリアルコード付)

 

覆面系ノイズ』の作品内に登場するイノハリことin NO hurry to shout;のCDを購入。6枚連動購入でライブへの応募券が手に入る。これに当選したので楽しみ。

『ノイズ』収録の『ステイ』が清涼感があって非常に素晴らしい。 どことなくSUPERCARを彷彿とさせる。オルタナロックとは違った面が見えて幅の広さを伺わせる楽曲である。

 

セブンスシスターズ『WORLD'S END』(from Tokyo 7th シスターズ)

 

ナナシスの中でもセブンスシスターズ周りに関しては相当に設定が作りこまれているため、シングル一つを取ってみても歌詞を読み解こうとすると色々と話が広がっていってしまう。その辺りは上記事で好き放題語っている。

楽曲に関してはギターが恐ろしくかっこいい。インスト音源だけでも身体が熱くなってくる。C/Wは歌詞に遊び心があって楽しげな印象。骨太なサウンドはメロコア~メタルをも想起させる。

背景にあるストーリーがすごい(と思っている)のでその辺りに思いを馳せながら聴くと心が震えてくる楽曲。