読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Tokyo 7th シスターズ』(ナナシス)のCDを買った話

雑記

 f:id:kuroroblog:20160430210022j:plain

 

8月の2ndライブが決定し、今後更に熱くなっていくであろうコンテンツであるナナシスこと『Tokyo 7th シスターズ』。買おう買おうと思っていた1stアルバム『H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!』と、最新シングル『SEVENTH HAVEN』を買ったので記事にします。

 

 

H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!

H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!

 

 

01.H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!! / 777☆SISTERS
02.Cocoro Magical / 777☆SISTERS
03.KILL☆ER☆TUNE☆R / 777☆SISTERS
04.Girls Talk!! / NI+CORA
05.SAKURA / WITCH NUMBER 4
06.お願い☆My Boy / SiSH
07.Clover×Clover / サンボンリボン
08.ワタシ・愛・forU!! / 4U
09.Hello...my friend / 4U
10.B.A.A.B. / KARAKURI
11.Sparkle☆Time!! / セブンスシスターズ
Disc2
01.UPDATING??SISTERS!! / 六咲コニー・777☆SISTERS

 

『H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!』は1stアルバムで、曲のリストは上記した感じ。Disc2はドラマCDですね。01-03が777☆SISTERSによる楽曲、04-10がユニット曲、11がセブンスシスターズによる楽曲。

ナナシスの舞台は西暦2034年で、『セブンスシスターズ』は2032年に突如引退した伝説のアイドルグループということになっています。アイドルの時代が終わりを告げて2年後の2034年、新たなアイドルグループ『777☆SISTERS』が誕生するという流れです。原作がソーシャルゲームということで、『777☆SISTERS』を誕生させるのは画面の向こうのアナタ(=支配人)になります。原作未プレイなのであまり詳しいこと言えない。(参考:Tokyo 7th シスターズ - イントロダクション

 

2030年代の音楽ということで、EDMやテクノ色の強い楽曲が多め。従来のアイドルコンテンツとはかなり色が違うなという印象です。01-03と11のグループ楽曲は申し分ないクオリティでした。03の「トゥーサウザンサーティーフォー、トゥーサウザンサーティーフォー、」のところがめちゃくちゃ好き。どことなく外してきてるところに余裕すら感じられて(信頼出来るぞ…)となりました。

まだ聴き込めてない部分もあるけど、ユニット曲はアイドルっぽさもアニソンっぽさも薄く、お洒落な印象の楽曲が多かったです。05の歌詞がすごく良かったのと、06がcapsuleっぽかったのが印象的。04はCralisっぽかった。 

 

 

 

1. SEVENTH HAVEN

2. FALLING DOWN

3. SEVENTH HAVEN -OFF VOCAL-

4. FALLING DOWN -OFF VOCAL-

5. What is truly 2030?? (ドラマトラック)

 

こちらは「セブンスシスターズ」による楽曲で、クレジットもセブンスシスターズ。『H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!』収録の『Sparkle☆Time!!』がアイドルらしい楽しげな雰囲気の曲だったのに対して、『SEVENTH HAVEN』はEDM色全開でクラブミュージック感あるクールな楽曲となっています。間奏の煽りがめちゃくちゃかっこいい。ライブで近未来な演出と共に聴いたら衝天出来る気がする。

カップリングの「FALLING DOWN」も同系統のクール路線。A面に負けず劣らずのクオリティで、相当に気合いの入ったシングルだと感じます。羽生田ミト(CV渕上舞)の歌声が新田恵美さんに似てる瞬間があった気がしないこともない。

ドラマCDも入っていましたがこちらは結構とっ散らかってる印象でした。「曲はかっこいいのにこういうノリなのか」…という感じで、良い意味でのギャップを感じました。

 

両CD共に素晴らしいクオリティで、もっと早く買えばよかったなという感想です。キャラクターの性格などまだ見えてない部分があるので、原作を触っていくべきなんだろうけど、ソーシャルゲームへの抵抗があってなかなか踏み切れず。