読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今月良かった本、CD等(2016年2月)

今月良かったものについて、Amazonのリンクとサムネイル画像を貼ることでそれっぽさを出しつつ単にダラダラ書くだけの記事です。

 

 

▼『謎の彼女X ドラマCD』(CD)

謎の彼女X 8 (アフタヌーンKC)

謎の彼女X 8 (アフタヌーンKC)

 

 

謎の彼女X』の原作マンガは1月に読んだけど、8巻限定版に付属するCDを未聴だったのでここで。謎カノアニメでは本業が女優さんである吉谷彩子さんが卜部役に抜擢された訳ですが、このドラマCDではそんな吉谷さんも参加しているキャストトークのトラックがあって充実の内容。

アニメに先駆けてのCDなので、演技もこのCDが初出しということになるはず。当時聴いた人はこの卜部ボイスをどう感じたのだろうか……。うーん俺は、俺はねぇ、好き。

 

 

 

▼fox capture plan『WALL』ほか(CD)

WALL

WALL

 

 

fox capture planというバンドが近所のTSUTAYAのピックアップコーナーで猛プッシュされており、TSUTAYAで良く売ってるあの""ポータブルDVDプレーヤーみたいな、一瞬欲しくなるけどやっぱいらねえなってなるやつ""で映像と音楽が流れていた。惹かれるところがあったので何枚かフルアルバムをレンタル。

ピアノ・ドラム・ベースのインストバンドで、綺麗な曲だけでなく乗れる曲も多くて最高。ミーハー的行動力を発揮して合同ライブに参加したところ、他のバンドもめちゃくちゃ良かったので世界が広がっていく感じがします。ありがとう駅前TSUTAYAさん。

 

 

 

▼sleep warp『quest for this velvety world』ほか(CD)

quest for this velvety world

quest for this velvety world

 

 

高校生のときに先輩から薦められたインディーズバンド。先輩は趣味は合うけどちょっとおかしくて面倒臭い人だったので会話の5割くらいを聞き流してたけど、このバンドはすごく気に入ってしまった。アップルストアでやってた営業ライブを一緒に見るっていう経験もした。

貸してもらったアルバム2枚を聴き込んで惚れ込んだものの、他のアルバムには手を出してなかった。既に活動休止してしまっていたのもあって、大学時代も2枚を聴くことで満足していたものの、ついにこの2月に別のアルバムを購入。

買ったはいいもののあんまり聴けていない。じゃあ取り上げるなという話になるんだけど、ここで書かなかったら一生書かない気がしたので書く。sleep warp、すごく良いんですよ。アルバム『afterword』収録の『Gene』が好き。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

▼ひなビタ♪『Five Drops』シリーズ(CD)

ひなビタ♪ Five Drops 04 -pure grape- 春日咲子

ひなビタ♪ Five Drops 04 -pure grape- 春日咲子

 

 

『ひなビタ♪』の主要キャラ5人のシングルが1月より発売中。今月は04と05を購入してコンプリート。金が無い。

04の春日咲子が5種類の中でいちばん気に入りました。歌声といい、キャラクター性といい非常に好み。#3『とびっきりのふわっふわ』がマスターピース

05の霜月凛に関してはあまり刺さらなかったかもしれない。ビジュアルや担当楽器的にクールポジションではあるけど、にこきゅっぴんみたいなキュート系の楽曲も聞きたかったかなという感じ。#3の『3 A.M. ディテクティブ・ゲーム』、#5の『黒髪乱れて修羅となりて』は最高だった。メンバー紹介の楽曲は全部良い。

3月にはここなつのアルバムも出るので楽しみ。

 

 

▼『声優グランプリ 2016年3月号』(雑誌)

声優グランプリ 2016年 03 月号 [雑誌]

声優グランプリ 2016年 03 月号 [雑誌]

 

 

久保ユリカさんに会うことが出来るチケットを手に入れるために購入。久保ユリカさんに会うことが出来て良かったです。死ぬほど緊張したのと10秒くらいしか話せなかったので殆ど記憶が無い。顔が小さかった。

雑誌もグラビアに加えてインタビューや質問など突っ込んだ内容で充実の内容だった。

 

 

久保ユリカ『Lovely Lovely Strawberry』(CD)

Lovely Lovely Strawberry(通常盤)

Lovely Lovely Strawberry(通常盤)

 

 

久保ユリカさんのソロデビューシングル。別記事(久保ユリカさんの『Lovely Lovely Strawberry』の話 - くろろのたのしいブログ(仮))で特集済。初回盤よりも通常盤のジャケットの方が好み。

 

 

 

文化放送久保ユリカが1人しゃべりなんて胃が痛い。DVD in 奈良』(DVD)

 

久保ユリカさんがラジオパーソナリティを務める『久保ユリカが1人しゃべりなんて胃が痛い。』のDVD。別記事(『久保ユリカが1人しゃべりなんて胃が痛い。 DVD in 奈良』の話 - くろろのたのしいブログ(仮))を作成してあります。相当に緩くて若干眠い感じもあるけど、舞妓姿の久保さんが恐ろしく美人で素晴らしい。 

 

 

 

▼『ラブライブ! Solo Live! from μ's (小泉 花陽)』(CD) 

 

久保ユリカさん熱が高じたので花陽ちゃんのソロCDを聴き始める。μ's曲やユニット曲をソロで歌いますよというやつ。これまでは二年生トリオのオリジナル曲収録分と、西木野真姫星空凛しか聴いておらず、かよちんは別にいいか…と思っていた。中の人の力はすごい。

1弾目がアニメ化前の2012年発売、2弾目はアニメ化後の2014年発売。ということで、当然収録曲は違うけど、それ以上に久保さんの歌い方に違いがある。アニメ化によって小泉花陽というキャラクターも固まったためか、2弾目では花陽らしい萌え声での歌唱になっている。

一方の1弾目ではアニメでの花陽らしさは無く、どちらかと言うと艶やかな歌声が披露されている。アニメ化前の楽曲『孤独なHeaven』もそんな感じなので、アニメ化の前後で花陽というキャラクターの共通認識にも大きな変化があったのだろう。1弾目・2弾目を聴いたのは1年生だけなので何とも言えないが、久保さんが最も歌い方の振れ幅が大きいように感じる。

個人的には1弾目の方が好き。特に『Love marginal』が素晴らしい。

 

 

 

▼BiBi『錯覚CROSSROADS』(CD)

 

BiBIの最新シングル。1月に聴いたけど1月のまとめ記事を書いたあとだったので2月で触れる。何かラブライブばかりですね。カップリングの『PSYCHIC FIRE』が完全なライブ仕様で最高。

 

 

 

ラブライブ『にこりんぱな』(CD)

ラブライブ! μ's広報部~にこりんぱな~ vol.4

ラブライブ! μ's広報部~にこりんぱな~ vol.4

 

 

初回から36回までをここ1ヵ月くらいで聴いてる。結果としてTOEICの勉強時間が死んでいる。何事にも犠牲は付きものだ。

リスナーに噛み付いていく久保さんや、罰ゲームでだだ滑りする久保さんや、罰ゲームを回避出来た瞬間調子に乗り始める久保さんが俺好みのもの。徳井さんの芸人かと思える例えツッコミや対応力も素晴らしい。飯田りっぴーさんはしっかりしてる風なのにたまに壊れるところが良い。

とにかくゲラゲラ笑えるので素晴らしいと思います。が、残り二回の放送を以って来月で終わってしまうらしい。え、泣いていい?公開録音があれば行きたかった。来月はファイナルライブでμ'sの活動も終わってしまうし、なんか色々と遅すぎたなと悲しくなる22の冬。一緒に駆け抜けたかった。

 

 

そんな感じでおしまい。CDばっかりだな…。本は1冊も読んでません。

何というかラブライブ関連ばかりですね。終わるのがなかなかつらい。