読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20151002 料理/たまゆら~もあぐれっしぶ~2話/団体の設立について

料理というレベルではないですが、今日は夕飯を作りました。母親のパートの帰りが遅くなるということで。最近、このままぬくぬくと実家暮らしを続けるのも駄目だよなあと思い始めて、多少母親の手伝いだったりを始めています。今後とも継続していきたいところです。

父親と弟も外食で遅くなるということだったので、帰宅してからもずっと一人でした。遅い時間に家で一人というのはなかなか無いので新鮮でした。夕飯作って洗い物して、早めに風呂に入って…と、静かな家の中で久々にゆっくりとした時間を過ごせた気がします。ここ数日寝不足気味で疲れも溜まっているので、風呂ではストレッチや軽い筋トレなどをしています。身体面と生活面から少しずつ余裕だったり豊かさを手に入れていこうといった魂胆です。

 

その後はたまゆら~もあぐれっしぶ~の2話を視聴。胸がじんと暖かくなる内容でした。

たまゆらシリーズでは「写真」が重要なアイテムとなっていますが、2期である『もあぐれっしぶ』では、主人公の沢渡楓さんが写真部を設立。この写真部を中心として、今後も物語が進んでいくのでしょう。

学園ものの作品では主人公が部活を設立するというのが多いですが、これって本当にエネルギーの要ることだと思うんですよね。自分が中心となって、周りを巻き込んで新しいことを始めるっていうのは並大抵の度胸では出来ないと思うし、だからどんなに小さい団体でもそれを立ち上げるという行為自体が純粋にすごいなと思います。

何かを『始めたい』という想いが、不安や迷いを凌ぐ程に強くて熱いからこそ一歩が踏み出せる訳で。大学にも様々なサークルが山のようにありましたが、僕自身は始める前から既に『参加する側』としてサークルを物色していて、自分で何か始めようと考えたことすら無かったです。

沢渡楓さんが写真部の設立を決めるのは1話での出来事。その際に、楓の仲良しグループである三人が「私たちが写真部に入ってあげようか?」と声をかけますが、楓は「一人で頑張ってみたいから」と言ってその申し出を断ります。三人はその想いをしかと受け止めて、楓を全力で応援していく。あ、良いアニメだこれ…

 

若干寝不足なので今日はブログはやめて早めに寝ようと思っていましたが、たまゆら見たら何かしら書きたい気分になりました。大したこと書けず。おやすみなさい。