読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『トラベリング・オーガスト 2015』に参加した話

PCゲームメーカー会社であるオーガスト主催のオーケストラコンサート『トラベリング・オーガスト2015』に参加してきました。8月22日(土)の夜公演、8月23日(日)の昼公演、夜公演と、全部で3公演ありましたが、僕は23日の夜公演に参加。ラストなのでDVDに収録されるかもしれません。非常に良かったので色々と思い出しながら書いていきたいと思います。

 

自身について書きますと、原作は『穢翼のユースティア』と『大図書館の羊飼い』のみプレイ済み。ファンディスクなどは未プレイです。アニメは『FORTUNE ARTERIAL 赤い約束』、『大図書館の羊飼い』が視聴済み。そういう訳で『夜明け前より瑠璃色な』はノータッチだったり、初期の作品なんかも良く分からないというレベルです。

関連メディアにも殆ど手を出していなかったので(フォアテリアニメの絆色とI miss youくらい)、ゲーム起動しておまけのミュージックモードで予習してました。

今回参加を決めたのは22日で、本当にギリギリの参加ということになります。オーガストの公式Twitterアカウントをフォローしているのですが、当日券の宣伝ツイートが流れてきたので、「あれ、チケットまだ余ってるんだ…え、行くか…」みたいな。数ヶ月前の予約開始時は、数十分出遅れた結果全席売り切れていたので諦めていたんですけど、追加席やらで余裕があったみたいですね。

 

 

f:id:kuroroblog:20150824222149j:plain

 

当日は1時間ほど前に会場に到着。内観とか写真撮らなかったけど凄かったですね。まさかエロゲメーカーのコンサートで東京オペラシティに来ることになるとは。

物販ではCDやパンフレットを購入しました。前回分のグッズも販売されていて、図書部に扮した売り子さんにも乗せられてしまいお金が無くなっていきました。前回公演のDVDを激推しされて揺らぎましたが、現金不足のため断念…。売り子さんがみんな笑顔で対応してくれたのがすごく印象的でした。それにしても汐美学園の制服はかわいいですね…。

その後はフォロワーの人と会ったりして、いざ開演という流れに。フォロワー氏は連日参加ということで、ネタバレにならない程度に概要を教えてくれて助かりました。席はSS席で、2階席真正面の一列目。小太刀凪さんのアナウンスに従い、携帯の電源をオフにします。俺は従順な犬だ。 

 

公演は『夜明け前より瑠璃色な』、『FORTUNE ARTERIAL』、『大図書館の羊飼い』の楽曲で構成される第一部と、『穢翼のユースティア』、歴代作品&新作のメドレーで構成される第二部に分かれていました。

 

第一部では正直わからない曲もありましたが、生のオーケストラというものを聞くのは初めてだったので圧倒されっぱなしでした。『未来パレット』での一体感が楽しかったですね。『けよりな』の楽曲は全く知らなかったのですが、透明感のある綺麗な曲が多くて引き込まれました。イラストも神聖な雰囲気で、未プレイなのに切ない気分になったり。今度買ってみますかね。

エロゲのヒロインが大スクリーンに映し出されてる中でオーケストラが演奏しているというのはちょっとシュールというかすごい事態な訳ですが、そんな雑念を忘れさせてくれるくらい演出が徹底されていましたし演奏もレベルが高かったです。オタク系イベントに参加してるときとは違った不思議な気分でした。良いコンサートです。

 

第二部のメイン作品である『穢翼のユースティア』は作中でもオーケストラチックな楽曲が多く登場していましたし、やはり迫力が凄まじかったですね。序曲でパイプオルガンが出てきたときは衝撃でした。

 

f:id:kuroroblog:20150824233524p:plain

 

激しく扇情的な組曲もゾクゾクして素晴らしかったですが、静かな曲が続く組曲もストーリーがあって良かった。ティアメインのところは、草原でのこの一枚絵で色々思い出して胸が痛かったです。ティアと地上で暮らすという幻想は原作APPENDIXの『楽園幻想』でもIFとして描かれますが、その幻想風景を組曲の根幹ストーリーとして編成していたように思います。

 

最後は新作『千の刃濤、桃花染の皇姫』(せんのはとう、つきそめのこうき) (読めない)の楽曲などをメドレーで。歴代作品の主題歌をボーカルが入れ替わりで歌っていくのが良かった。『千の刃濤、桃花染の皇姫』(せんのはとう、つきそめのこうき) (読めない)はユースティアの王宮チックな煌びやかさとはまた違った、和テイストの楽曲で聴いていて楽しかったです。

『千の刃濤、桃花染の皇姫』(せんのはとう、つきそめのこうき) (読めるようになってきた)は今冬発売予定とのことですが、オーガストはこれまで発売延期が無いそうなんですね。今回は発売時期にしっかり買って最前線でプレイしていきたいな、という今冬に向けての意気込みを書いておきます。

 

と、そんな感じで公演は大満足でした。わからない曲もあったので、他の作品もやり込んでいたらもっと満足度は高くなるのでしょう。何というか、エロゲ×オーケストラというイベントを成功させてしまうオーガストが凄すぎてひれ伏すしかないですね。

あと書き忘れてましたが桜庭玉藻ちゃんの「白崎〜!」が生で聴けたのがかなりの感動体験でした。司会進行が小太刀ちゃんより白崎の方がしっかりしてたのもほんわかして良かった。


f:id:kuroroblog:20150824222257j:plain

 

買ったものや配布物。玉藻ちゃん表紙のピアノアレンジCDは心が安らぎます…。9月にはライブ音源を収録したCDも出るとのことで楽しみです。

 

次回公演も是非参加したいですね。それまでにもうちょっと詳しくなっておきたいところです。

 

 

関連ページ

オーガスト オフィシャルホームページ

 

トラベリング・オーガスト2015 オーケストラ・コンサートアルバム"Flowery Notes" & ピアノアレンジ集"Primary Notes" CD公式サイト

 

千の刃濤、桃花染の皇姫|オーガスト