20150724 社内ニート、『いなくなれ、群青』、赤髪の白雪姫 #3 「約束、輝くその時に」

ここ数日、半分社内ニート的な感じで過ごしてて一日が長いです。消化不良というのか、何かメリハリが無くなってしまっているのが困りどころ。早く帰れても何だか心に弾力が無いというか…。この先数十年働くことを考えたら、メリハリなんてものは遅かれ早かれ見失ってしまうのかもしれませんけどね。好きなことを仕事に出来ている人はまた違うのでしょうが。

 

いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)

いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)

 

 

読みました。河野さんらしい、綺麗な文体でした。タイトルが詩的で良いですね。

河野裕さんは『サクラダリセット』というライトノベルシリーズが代表作に挙げられる方で、例に漏れず僕もこの『サクラダリセット』シリーズで河野さんを好きになった次第です。この『いなくなれ、群青』に関しては発売からおよそ一年遅れてやっと読んだ訳ですが…(にわか)。

誰しもに共通する普遍的なテーマ、という意味での"哲学"を物語に組み込むのが巧いなと感じます。綺麗で清らかで、透明感のある文章も素晴らしい。この作品に限らず、登場人物が非常に道徳的で、(徳の高そうな人だなあ)というのが河野さんに対する以前からの印象です。

このシリーズは三部構成とのことで、次巻も既に出ているそうなので近い内に読みたいところ。

 

 

観たアニメ

赤髪の白雪姫 #3 「約束、輝くその時に」 

 

ANCB000883

ANCB002344

 

今週の白雪さん。かわいくて優しくてかっこよくて強い。すごいヒロインだ。

内容に関しては毎回白雪が狙われてそれをゼンが助けてイケメンエンドというパターンが続いているので、そろそろ変化が欲しい。次回からは白雪さんの調剤師チャレンジが本格化しそうなので、ここからといったところでしょうか。

3話目で話題にするのもあれだけど早見沙織さんが歌う主題歌が良いですね。歌声が神聖で貫禄十分ですが、意外とこれがデビューシングルとのことで。あんまりちゃんと観たこと無いけど、その主題歌や世界観含めて明日のナージャっぽさを少し感じたりします。

 

今日は小説は進まず。。ここ数日は結構頑張って手直しをしていましたのでブログの更新も無かったのです、本当です。文字数は膨らんで30,600字程度にまで来ました。土日で完成が目標。