読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20150316 卒業式、実感なし

17日だけど16日の分を更新

 

この日は卒業式ということで、朝から大学に向かいました。スーツをどう着るべきか結構迷って、ポケットチーフ使ってみたり紺のスーツにしてみたり。周りが真っ黒だったらどうしようかと思ったけどまあお洒落する人は派手にしてたので平気だった。

式自体はあっさり終わって、謝恩会までにみんなで写真撮ったりっていう空白の時間があるんだけど、そんなに友達がいる訳でもないのでだいたいは仲間内で固まってへらへらしてた。謝恩会でもまあゼミとかサークルのメンバーでちょっと集まって写真撮ってーというくらいで、こんなもんかという感じで時間が過ぎてった。ゼミに、留年するのにバッチリ袴来て式に来てる女の子が居て、強い心の持ち主だと思った。まあぶっちゃけそれっぽい格好してそれっぽい雰囲気で立ってれば、何とかなるし飯も食える。留学してて、今年就職活動中の友達も来てたし。完全に関係無さそうなおばさんとか外国人のおっさんまで謝恩会で飯食ってた。

あとは所属してる部活の後輩が部室で送迎をやってくれて、久々に話す後輩とかもいて「卒業したらもう部室来ないな~」とここでちょっと卒業を実感したかもしれない。後輩も就活中で忙しいだろうに参加してくれて有難かった。

 

10000円近くする卒業アルバムを買った(買わせる"圧"が凄まじかった)んだけど、個人写真撮影に行かなかった人は名簿から存在が抹消された感じになってて切なかった。俺の学科では4割くらいが抹消されてた。なんだこれ。どうにか出来なかったのだろうか……。写真に映らないってことはアルバム買わないだろうから全然売れてないんだろうな。

 

その後、部室で後輩とダラダラしたり、同期とピンポン玉で野球したりトランプしたり、なんか普段と同じようなくだらないことをして、ラーメン食って帰った。卒業という感じはしないんだけど4月にはスーツ着て出社してるんだなー。なんか怖い。

 

帰宅後もテレビ見たりダラダラして、普通に寝た。18日はいわゆる追い出しコンパというのがあって、まあ下世話な話だけどプレゼントとか貰って、そこで卒業を感じるのかもしれないな。