久保ユリカ『ありがとうの時間』と『星の王子さま』の話

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)

 

 

久保ユリカさんの3rdシングル『ありがとうの時間』についての話。

楽曲の概要や感想なんかについては別の記事を執筆済み。この記事では、『ありがとうの時間』の歌詞に登場するサン=テグジュペリの小説『星の王子さま』と『ありがとうの時間』の関連に特化して、感想だったり考察だったり意見だったりを勝手に書いていきます。

 


 別記事はこちら。↑

 

 

1.『ありがとうの時間』楽曲と『星の王子さま』について

『ありがとうの時間』の歌詞では、1番と2番で共に『星の王子さま』というフレーズが登場する。楽曲全体を貫くテーマは、タイトルでもある「ありがとうの時間」というフレーズに集約されているが、ここには『星の王子さま』において登場する王子とキツネのやり取りが密接に関わってくる。

 

以下、関連部分を引用。 

 

「さようなら」王子さまは言った・・・

「さようなら」キツネが言った。

「じゃあ秘密を教えるよ。とてもかんたんなことだ。ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない」

「いちばんたいせつなことは、目に見えない」

忘れないでいるために、王子さまは繰り返した。

「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ」

「ぼくが、バラのために費やした時間・・・」

忘れないでいるために、王子さまはくり返した。

「人間たちは、こういう真理を忘れてしまった」キツネは言った。

「でも、きみは忘れちゃいけない。きみは、なつかせたもの、絆を結んだものには、永遠に責任を持つんだ。きみは、きみのバラに、責任がある・・・」

「ぼくは、ぼくのバラに、責任がある・・・」

忘れないでいるために、王子さまはくり返した。

 

引用:【星の王子さま サン・テグジュペリ】 いちばんたいせつなことは、心で見なくてはよく見えない|本好き研修医の死生学日記 ~ 言葉の力は生きる力

 

『王子とキツネのやり取り』において登場する主要な人物は、王子、キツネ、バラの三人である。王子はかわいがって育てていたバラと喧嘩してしまい、住んでいた星を飛び出して様々な惑星を旅する。その過程で出会うのがキツネである。

やがて王子とキツネの別れが訪れた際に、上で引用したやり取りが行われ、キツネは王子に「大切なものは目に見えない」ということ、「バラと過ごした時間」こそが目に見えない「大切なもの」だということを教えてくれる。

 

「大切なもの」は総じて目に見えない。例えばそれは、絆を育んだ相手と共に過ごした時間。心の目で見なければそれらは見落とされてしまう。

名言や教訓として参照される有名な部分であり、歌詞も殆ど直接的に対応しているので、ピンと来た人も多いかもしれない。こうした引用があると歌詞に深みが増して聴き応えがある。

『ありがとうの時間』の「時間」とはまさに目に見えないもの。「思い出の分だけ」という歌詞の「思い出」もそう。作詞当初から『星の王子さま』が意識されていたのか、あるいは途中でベクトルが一致したのかはわからないが、歌詞の随所には『星の王子さま』のエッセンスが落とし込まれている。

見落としがちな「大切なもの」を胸に留め、思いを馳せ、共に育んでくれた相手に感謝の気持ちを伝える。『ありがとうの時間』はそういう楽曲であり、だからこそこの楽曲における「ありがとう」という言葉の真摯さ、誠実さ、切実さは、しかと受け止める必要がある。

 

 

2.MV(ミュージックビデオ)と『星の王子さま』について

MVについても別の記事で色々書いてる。久保さんの熱演やウエディング姿が見られたりと豪華な内容だが、もう一つ興味深いのは、『星の王子さま』との関連である。ということで、ここでも『星の王子さま』との関連について考えて生きます。

 

前述したように、『星の王子さま』内の『王子とキツネのやり取り』において登場する主要な人物は、王子、キツネ、バラの三人である。

星の王子さま』のストーリーとMVのストーリーを重ね合わせて見てみると、咲と咲の母親はすれ違いによって疎遠になっていることから、王子に当たるのは咲で、バラに当たるのが咲の母親という解釈が出来る。

さてそうなると、「キツネは誰なのか?」という疑問が出てくる。このことについて考えてみたい。

 

①キツネ=手紙

一つ目は、キツネは母親からの手紙だという解釈。キツネの役割を恣意的に抽出するとそれは、『大切なもの』の正体を王子に気付かせる(=仲直りのきっかけを与える)、である。

ということは、母親との時間を想って涙を流し、母親との和解を自身の中で行うきっかけを作ったあの手紙は、キツネの役割を果たしていると言えなくもない。ずっと持ち歩いていた手紙が数年の時を経て咲の元にキツネとして現われるという点では、結構ロマンチックな解釈だと言える。

 

②キツネ=咲

二つ目は、キツネは咲自身だという見方。冒頭のシーンで咲は葵(碧?あおい?)という女の子と会話をする。葵は母親と喧嘩をしており、仲直りの方法を咲に相談する。そこで咲は「素直に謝ることが大事だ」というアドバイスを行う。

この一連のやり取りのあとに咲は空を見上げ、MV本編がスタート。この演出からも、葵との会話が、母親との『時間』に思いを馳せる引き金になったと考えられる。

葵が王子、葵の母親がバラだとすると、咲はここで擬似的にキツネの役割を果たしている。そして、咲がキツネとしてアドバイスを行ったことが、自身が王子の役割を担っている「咲-咲の母親」の関係においてもヒントになったという見方が出来る。

厳密にはMV本編では声が入っていない部分なので持ち出していいのか微妙だけど、メイキング映像を見ると、咲と母親が式場で再会するシーンで咲は母親に「ごめんなさい、ごめんね」と言っていることが確認出来る。「素直に謝ることが大事だ」という女の子へのアドバイスが自分自身にも跳ね返ってきていると捉えられる。

複雑だけど要するに、咲は「葵-葵の母親」と、「咲-咲の母親」の二つの関係においてキツネの役割を担っているという解釈です。

これは見方によっては「キツネ=女の子」とすることも出来るかもしれない。

 

③キツネ=不在

最後は、キツネは存在しないという見方。個人的にはこれも有力かなという印象。①も②も決して直接的な回答を指し示してくれた訳ではなく、あくまでも咲が自分自身で気付くためのきっかけに過ぎなかったと捉えれば、キツネは不在ということになる。まあ殆ど捉え方とか角度次第なんですが。

深読みすれば、フィクションの世界では導いてくれる存在がいるけど、実際の世界では自分自身で「大切なもの」に気付かなくてはならない、というメッセージとも取れる。

星の王子さま』を引用した上でキツネを不在する、というのは相当に捻ってあるテクニカルな内容なので、流石にMVでそこまで難しい内容にすることは考えにくい。ただ実際問題、ドンピシャでキツネに該当する人物は登場しないので、もしかすると狙っている可能性はある。この辺り是非聞いてみたいけど、誰にどうやって聞けばいいのかわからない。

 

以上3パターンを考えてみた。個人的には②が有力というか、これが色々と腑に落ちるなという感じです。もちろんどれが正解というのはないと思うのであくまでも勝手な想像。「こういう解釈もアリじゃないか」というのがあったら楽しいので教えて下さい。

 

 

 

という訳で、『星の王子さま』を念頭に置いた上で『ありがとうの時間』について考えてみると、こんなのがあるんじゃないかというのを書いてみました。MVのところは無駄に深読みしてる感があるけど、こんな感じで見方を広げることも出来るんじゃないかなという提案みたいな感じです。

ちなみに2ndシングルc/w『記憶コロコロ』の「彼女の名前 名前はノスタルジー」という歌詞も、ヘミングウェイの「我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。」という言葉からの引用だと思われる。『ありがとうの時間』と共にスムルースの徳田憲治さんによる作詞ということで、こういった引用を良く使う人なのかもしれない。

ただ、作品の根幹に関わる明確なモチーフがある楽曲は初めてだと思うので、色々と新鮮でした。色んな視点を持った上で改めて聴いてみたいと思います。

ちなみに実は『星の王子さま』はちゃんと読んだことないので間違ったこと書いてたらすいません。

久保ユリカさんの『ありがとうの時間』の話

 

 

久保ユリカさんの3rdシングル「ありがとうの時間」が12月9日に発売。1st、2ndのときも記事にしてきたので今回も感想だったりを書いてみます。発売記念リリースイベントにも参加したのでその話も少し。1st、2ndの記事は↓の感じ。

1st:久保ユリカさんの『Lovely Lovely Strawberry』の話 - くろろのたのしいブログ(仮)

2nd:久保ユリカさんの『SUMMER CHANCE!!』の話 - くろろのたのしいブログ(仮)

 

なお、本作には「星の王子様」からの引用が登場するということで、その辺りに特化した記事も別で作成しています。

 

 

 

 

8月17日発売の2ndシングル『SUMMER CHANCE!!』から約4ヶ月と、早めのスパンでの発売。2月17日には1stシングル『Lovely Lovely Strawberry』が発売されており、2016年だけで3枚リリースとかなりのハイペース。

リリースイベントも1stから3rdまで地方含め開催していて精力的。久保さんは各所で「今年は本当に過ぎるのが早かった」といった内容のことを語っており、充実度合いと忙しさ度合いが伺われる。

 

本作もこれまでの2枚と同様、表題曲『ありがとうの時間』とカップリング曲『Happy Cuty My Snow Man』の2曲が、それぞれのインストverも含めて収録されている。初回限定版には表題曲のミュージックビデオとメイキング映像が収録されたDVDが封入。

ミュージックビデオはとても見応えがある。ストーリー仕立てになっており、楽曲前後にもミニドラマが挿入され8分30秒に渡るという力の入れ様。女優・久保ユリカとしての顔も垣間見ることが可能です。内容も感動的なストーリーでじんと来ました。ちなみにメイキングを合わせると30分超になり結構なボリューム。

 

そういう訳で、ここからは表題曲とカップリング曲それぞれに関しての感想と、ミュージックビデオの感想だったりキャプチャ画像だったりそんな感じの記事にしていきます。

 

ありがとうの時間

2ndのc/w曲『記憶コロコロ』に続き、スムルース徳田憲治さん作詞作曲の表題曲。今回はバラードらしい王道バラード。

「歌いやすかった」とどこかで言っていた通り高音域は少なく、久保さんの地声に近い歌声を聴くことが出来る。サビでかなり高い部分があるけど…。スローな曲調に優しい音色のピアノが心地良く、とても聴きやすい。終盤の盛り上がりも激しすぎず、優しい耳触りの一曲と言える。

歌詞に関してはメッセージ性が強い内容になっている。「失ったときに気付いたんじゃいけない」や「誰の心だって 自分だって 目に見えない」など、言い切り型の力強い表現が各所にあり胸に響きます。こうしたメッセージは、聞き手に対してはもちろん、歌う自分自身にも訴えかけていると思う。

久保さんは、この楽曲に関して「普段伝えられない感謝の想いを『作品』という形で表すことが出来た」と言っています。その相手というのは家族であったり、仕事で関わる人たちであったり、そして彼女を応援しているファンのことでもあったり。

 

皆さんのおかげで、その後、色々な作品にも出演させて頂く機会も増えました。なので、皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、現状に満足せず、声優としても歌手としても、さらにいろんなことを経験できたらいいなと思います。

 

引用:久保ユリカ「ありがとうの時間」インタビュー|「ありがとう」の言葉に浮かぶ顔 (3/3) - 音楽ナタリー Power Push

 

関わった人すべてへの感謝の想いを忘れない久保さんだからこそ歌える楽曲だと思う。ファンを含めて全ての人を大事にしているし、人気が出ても驕り昂ぶることなく、努力を積み重ねている。「色んな人に支えられて今の自分がある」という意識を常に持っているし、それを誤魔化すことなく言葉にしている。尊敬したくなる人ですね。

 

そんなメッセージ性の強い歌詞の楽曲ですが、特に、歌詞に登場する「星の王子さま」との関連については掘り下げたいと思ったので、これについては違った角度から別個で記事を書きました。そんな訳でここでは星の王子さま関連については触れてない。

 

星の王子さま関連の記事についてはこちら↓を参照(貼るの2回目)。


 

 

Happy Cuty My Snow Man

曲名の通りハッピーでキューティーで冬っぽい楽曲。クリスマスらしいシャンシャン音や、鉄の棒がぶら下がってるやつ(※1)のキラキラ音に加えて、軽快なクラップ音も入っており、冬と言っても楽しげで暖かい雰囲気に仕上がっている。久保さんの歌い方も楽しげで可愛らしい。

(※1「キラキラ 楽器」でググった結果ウィンドチャイム(windchimes)という楽器だとわかりました。)

 

f:id:kuroroblog:20161231223326p:plain

(こういうやつ。"鉄が吊るしてあるやつ"改めウィンドチャイム)

 

クリスマス楽器群の印象が強いものの、この曲の楽しげで軽快なリズムを生み出している立役者はベースだと言える。バスドラ含めてイントロから存在感を放っており、サビではだいぶ跳ねている印象。横に揺れたくなるライン。そんな訳で低音が素敵なので意外と大音量でも映える楽曲になっている。

クリスマスイベント参加後にこの記事を書いてるのでライブでも聴いた後なんですけどこの曲を歌ってるときの久保さんウルトラ可愛いです。

 

 

MV(ミュージックビデオ)

『ありがとうの時間』のもう一つの目玉としてはドラマ仕立てのミュージックビデオがある。

久保さん演じる桐島咲さんは、結婚式を控えた一人の女性。そんな咲は、知り合いの女の子との会話をきっかけに、自分自身の過去を振り返る。幼い頃仲良くしていた母親と、思春期にぶつかってしまったこと。仲直りという仲直りが出来ないまま、上京(?)をしてきたこと。その際に、読まずに持っていた母親からの手紙を思い出し……といったあらすじ。

久保さんは図書館の職員に、女子高生に、ウェディングドレスにと様々な姿に扮しており、ファンとしてはかなり貴重な映像になっている。 ドラマということで本格的な演技も見ることが出来て新鮮だった。ドラマ出演経験のある久保さんということで、母親と口論するシーンや涙を流すシーンなど、難しそうなところも上手に演じきっていました。

 

 

f:id:kuroroblog:20161231233526p:plain

 

桐島咲さん女子高生時代。制服姿の久保ユリカさん。別に違和感ないのがすごい。

 

 

 

f:id:kuroroblog:20161231233104p:plain

 

母親との口論の末にビンタされて睨みを利かせる桐島咲さん。鋭い眼光が迫力があって素晴らしい。僕も睨まれたいです。

『ありがとうの時間』のリリースイベントでは恒例の特典お渡し会が開催され、CDをたくさん買ったのでこれに3ヶ所分参加した。お渡しされる際に久保さんと10秒くらい話すことが出来るが、その際に「MVでビンタされた後の睨みつけてる目が好きです」という気持ち悪いカミングアウトをしてしまった。

久保さんは内心では(気持ち悪いなこの人)と思ってたかもしれないが笑顔で「本当?でもあれちょっと怖いよね」的なことを言ってくれた。もう少し勇気と勢いがあったら「あんな感じで睨んでください」みたいなことを言ってたかもしれないけど、そうなるとだいぶヤベえ奴なので言わなくて良かったと思う。

 

 

 

f:id:kuroroblog:20161231233909p:plain

 

ちなみにメイキング映像の別カットを見ると、角度の問題もあるのかもっと怖い。怖いよ久保さん!!ちょっとどころじゃないよ!!それでも睨まれたい。

 

 

 

 

f:id:kuroroblog:20170101051137p:plain

 

メイキング映像より、ウェディングドレス姿の久保ユリカさん。何がとは言わないがデカい(確信)。このカットはなぜか恐ろしいくらいに逆光である。本編では頭に着けるやつ(語彙)とかレースのやつ(語彙)とかも着けて完全装備のウェディングドレス姿を披露している。非常に美しいです。

 

 

 

f:id:kuroroblog:20170101051728p:plain

 

最後に、桐島咲のお母さんと桐島咲幼少時代。メイキング映像ではお母さん役の方と久保さんの顔が結構似てるねという話が出ていた。笑った時のあごのラインなどが似ているとのことで、並んで見てみると確かにという感じ。子役の女の子は笑顔がめちゃくちゃ可愛くて素敵でした。

 

 

まだまだキャプチャ貼るやつやりたいけどそれで購買意欲を下げてしまうと良くないのでこの辺りで。王道バラードだったり、MVがドラマ仕立てだったりと、これまでとはまた違った趣向で、CD・DVD共に楽しめる内容だった。毎回それまでとは違ったテイストを見せてくれるので面白い。

繰り返しになるけど『ありがとうの時間』に込められたものは大きいと思うので、今後ライブ等で歌われる度に、音源で聴く度にどんどん大切な曲になっていくと思う。アルバムが出たら最後に入りそう。余談だけど機会があればアルバムの曲順予想とかやりたい。

 

 

◆参照・関連ページ

 

ありがとうの時間 - 久保ユリカ - 歌詞 : 歌ネット

 

音楽ナタリーのインタビュー記事。必読です。

 

 

今月良かったもの、イベントなど(2016年11月)

 

11月の振り返り記事を作成です。

 

 

 日向美ビタースイーツ(音符記号)~SWEET SMILE COLLECTION~Vol.3

日向美ビタースイーツ(音符記号)~SWEET SMILE COLLECTION~Vol.3

日向美ビタースイーツ(音符記号)~SWEET SMILE COLLECTION~Vol.3

 

 

ひなビタ♪」のFacebookに追い付いたため、ドラマCDを掘り始める。他にも何種類か買って聴いたけど、春日咲子さんにスポットが当たるこの巻が非常に良かった。

春日咲子さんは、明るく優しくふわふわとした一面だけでなく、繊細さ、ナイーブさ、臆病さ、そういった要素を合わせ持ったキャラクターで、個人的に一番好きなキャラクター。それらの部分がこのドラマCDでは垣間見えて、グッと引き込まれる内容になっています。

キャラクター性も魅力的ですが、声がとても可愛い。歌声に限らず、普通に喋っているときの語り部分も素晴らしくて癒されます。ありがとう山口愛さん。ありがとう、平熱が37℃以上ある山口愛さん……。

 

 

 

ひなビタ♪紅葉祭り』(倉吉まち応援プロジェクト)(2016.11.12~11.13)

 


別記事にて特集済。「ひなビタ♪」の舞台である倉吉に初めて行ってきました。あんなにちくわ食べるとは思わなかった。色んな方と交流できて良かったです。

旅行から帰ってから高熱出して一週間くらい死んでた影響でズルズルと記事の更新が遅れてしまった。

 

 

 

巌窟王

巌窟王 第1巻 [DVD]

巌窟王 第1巻 [DVD]

 
巌窟王 オリジナル・サウンドトラック

巌窟王 オリジナル・サウンドトラック

 
モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)

 

 

dアニメストアに登録したので視聴。今は亡きGONZOADKに買収されました)作品。原典の「モンテ・クリスト伯」が有名みたいだけど知らずに見てた。

主要人物は社会的ステータスの高い貴族階級の人物が大半。身分、立場、権力、見栄、といった要素が重要な位置を占める世界の中で、打算的な駆け引き、政略結婚、過去のスキャンダル……といったファクターが頻繁に登場して面白い。

壮大な復讐劇であり、序盤の伏線が中盤以降に絶妙に活きてくるところが素晴らしい作品だった。毎話の引きや謎の提示が巧みで、途中からは視聴欲を抑えられなくなっていった。3話辺りまで見ると止まらない。

第二十幕『さよならユージェニー』は感動。ペッポが協力してくれるところが本当に良かった。性別とか関係なく最強ヒロインです。十八幕の決闘シーンは劇伴も相まって痺れた。終盤は怒涛の展開であり、しかし最後の幕引きは静かで美しい。何から何まで満点の作品だった。

音楽も非常に素晴らしく、視聴後にサウンドトラックを購入。OPの意味がわかってくると泣ける。

 

 

グラスリップ

 

dアニメストアにて視聴。難解で人類には早すぎるアニメとして名高い作品で、興味はあったのでこの機会に。

一回見ただけでは正直言って要所要所の意味がわからなかった。ただ、考察サイトなどを見ていくと成程と思わされる部分が多くあって、そのおかげか自分の中で何とか消化できたかなという感じです。今思うと考察サイトに頼るのが早すぎた気もする。個人的な考察をこのブログとかでやるのが良かったかもしれない。

書き残しておきたい点として、若干の生理的嫌悪をこの作品に抱いたというのがある。生理的嫌悪というとかなり印象が悪いので別の表現をすると、違和感というか胸がざわつく感じというか、そんな感じのもの。

第一話のテンポがどうも他のアニメと違っていて、異常な程に見心地が悪かったというのが一つ。何がという具体的なものは指摘出来ないんだけど、アニメを見ていてあれ程までにしんどいと感じたのは初めてだった。色んなものが不協和音を奏でていたというか、どうにもちぐはぐな感じが受け付けなかった。もしかすると前評判に引っ張られていた部分もあるかもしれないですが。

他には、未来の欠片を見るシーンでゾっとする場面が多かった。これに関しては狙ってやっているかもしれないけど、少し見るのが怖くなるような部分があった。あとは、モチーフとして重要な役割を果たしているらしいニワトリが不気味すぎて、こいつが何度も何度も出てくるのもどうにも嫌だった。

画面を楽しくすることは捨てている部分があるのだろう。interesting全振りといった感じ。純文学風の作品なので、エンタメ性に振るよりもその方が良いかもしれないけど、こうした部分で脱落していくケースも多いのではないかと感じた。

そんな訳で普通のアニメとは文脈が違っていて特殊な作品だった。面白かったけど見ていてすごく楽しいという感じではないので他人に勧めるには躊躇するかもしれないですね…。

 

 

 

ナナシス『Tokyo 7th Sisters -episode.Le☆S☆Ca-』 

 

ナナシスのユニットであるLe☆S☆Ca(レスカ)のエピソードが綴られた小説。雑誌上での連載を纏めた物のようです。上下巻にて発売中。

ホノカがアイドルに惹かれる過程が良かった。レナの高飛びを二人が応援するシーンも。無垢で可愛い三人でもそれぞれ悩みや弱みを持ってるんだけど、三人が協力してそれをゆっくり溶かしていくような、そんな関係性が最高。いいユニットです。あとは各章のサブタイトルがセンスあってかっこよかったです。挿絵もハイパー可愛かった。

地の文はテクニック的な見せ場は特に無いけど、丁寧にわかりやすく書かれていて読みやすかった。レスカを好きになること請け合い。

 

 

日向美ビタースイーツ♪『そこはかとなくロマンセ』

そこはかとなくロマンセ

そこはかとなくロマンセ

  • 日向美ビタースイーツ♪
  • アニメ
  • ¥250

 

ひなビタ新曲。イブ、咲子、夏陽のトリオボーカルにてお届け。とにかく激しい。全楽器すごいけど、ピアノとドラムはかなり暴れ狂ってて聴き応えがある。インストverが欲しいところ。

 

 

 

8/pLanet!!『オーバードライブ』

オーバードライブ

オーバードライブ

  • 8/pLanet!!
  • アニメ
  • ¥250

 

エビスト新曲。清涼感と伸びのあるボーカルが魅力的な一曲。キャラクター理解が浅いのもあるけど、良くも悪くも二次元アイドルっぽさをあまり感じない。

 

 

 

 

そんな感じで少なめだけどおしまい。「ひなビタ♪」のイベントが濃かった印象。イベントというとそれくらいしか参加してないですね。12月は久保ユリカさん関連のイベントが多めの予定。